お金を借りたい

学生がお金を借りるときのコツ・ポイントをわかりやすく解説!

定職を持たない学生でもお金を借りることはできるのでしょうか。学生でもお金を借りることのできるポイントや注意点をわかりやすく説明します。

学生時代は何かとお金が要るものですよね。友達との付き合いやサークル活動の費用。一人暮らしでの生活費もばかになりません。学業も遊びにも忙しく時間がない中でアルバイトも限界があります。そんなとき急にお金が必要になったらどうしたらいいのでしょうか。

駅前によく「学生ローン」という看板がありますね。文字通り学生専用でローンを組める会社の宣伝です。学生ローンでお金を借りるのは一般的な消費者金融会社とくらべるとかんたんと感じる人が多いと思います。学生証さえあれば保証人もナシに借りることができるからです。

利息も通常の消費者金融会社と比べると安いですしアルバイト生活でも貸してくれます。きっちり返せば親にもバレずにすむので学生にとってはありがたいですね。

ただ、気軽に借りやすい分、複数の会社から必要以上に借りてしまって返済に困るというケースが多くあるようです。社会人になってから返せばいいや、という気軽な気持ちで、遊び代にどんどん使ってしまうと後で大変なことになってしまいます。マジメにコツコツ返していたとしても、合計の返済額は借りたお金の2倍になることも珍しくないのです。

それでもお金が必要な場合、どんなにつらくても親や親戚にお金を借りるのが一番よいのかもしれません。親や兄弟と仲が悪く会話がない・・・。お金のことでこれ以上頼りたくない・・・。など、様々な悩みがあるかもしれません。しかし親は親です。血のつながりは切っても切り離せません。もし両親がお金の余裕がなくて貸してくれないにしても、相談することは絶対に必要です。

友人や知人に借りるのは学生ローンよりももっと深刻なトラブルのもとになりがちです。知人や友人からお金を借りるのは金額の大小はほとんど関係ありません。大切な人間関係というお金に変えられない価値のある財産を失うことになることもあるでしょう。

お金は生きていく上で絶対に必要なものです。だからこそ、自分にとって一番大切なことは何か、よく考えてお金を扱うようにするとよいと思います。


このページの先頭へ