お金を借りたい

お金を借りるには銀行?消費者金融会社?違いを知ってお得に借りよう

今月はピンチ!お金をどこかから借りなければならないかも・・・。そんなときにまず思い浮かぶのはテレビコマーシャルでもおなじみの消費者金融会社かもしれません。しかしお金を借りる方法は様々です。銀行でも個人にお金を貸してくれます。銀行と消費者金融会社の違いは何なのでしょうか。

銀行でお金を借りるのと消費者金融会社でお金を借りるのとの違いはいくつかあります。そのひとつは審査です。お金を借りるときには返す能力があるかどうかを審査されて審査に通って初めてお金を借りることができます。消費者金融会社にくらべて銀行の方が審査に通るのが難しいといわれています。銀行で審査に落ちた人でも消費者金融会社の審査には受かるということもあるようです。

もうひとつの違いは金利です。消費者金融会社にくらべて銀行の方が金利を安く貸してくれます。不動産などの担保があれば一桁台の金利で貸してくれるはずです。そのぶん銀行の方が審査が厳しいのはうなずけますね。

消費者金融会社ですと基本的に無担保でお金を貸してくれます。即日審査や無利息などの「速い・便利」なサービスがありますから金利が銀行とくらべて高いのも納得です。

消費者金融会社と銀行の違いはイメージだという方もいるかもしれませんね。お金を借りることがバレたら困るという方も多いと思います。お金を借りるのならば多少なりともイメージのよいところから借りたいのが本音です。消費者金融会社よりも銀行の方が安心感やイメージがよいのは仕方ありません。お金を返す大変さは借りる場所にかかわらずつきまとうものですが・・・。

また、消費者金融会社の中でも銀行と提携を組んでいる会社もあります。銀行と消費者金融会社は切っても切り離せない関係ですね。どちらかに決めつけずにあなたの生活スタイルに合った方を選んで少しでもお得にお金を借りて返すことをおすすめします。


このページの先頭へ