お金を借りたい

しっかり借りて賢く返済。返済方法の種類を知ろう!

お金を借りるときに利息や限度額・審査などは調べても返済方法までは気が回らないことがあるのではないでしょうか。お金を借りるときは返すまでの計画が必要です。お金の返済方法の種類を知って、賢く返済しませんか。

お金を返済する方法を選ぶポイントは「毎月支払う値段」です。当然ながら、お金を借りると利息が付きます。会社のプランによっても違いますが、たとえば10万円借りても長く借りれば借りるほど支払額は20万・30万と増えていきますよね。その利息をいつ払うかで毎月支払う金額は変わります。

返済の種類はおおまかにわけて2つです。「元利均等払い方式」と「元金均等払い方式」です。

「元利均等方式」とは利息の分を毎月多めに払う方式です。毎月の返済する金額は一定ですが元金(もともと借りたお金)がなかなか減らないために元金均等方式よりも払うお金の総額が大きいです。

「元金均等方式」は利息に応じて毎月の返済額が違うことが特徴です。元金を基準に毎月利息を計算するので、支払えば支払うほど毎月の返済の金額は減っていきます。

これに加えてボーナス時に払うプランも入れると少し複雑ですね。

また、カードでのお買い物でよく聞く「リボ払い」もあります。リボルビング払い方式の省略ですね。毎月返済するお金は一定で、借りられる限度額が決まっているのがリボルビング方式です。リボルビング方式にも数種類ありますのでカード会社とよく相談して返済方法を決める必要があるでしょう。

どんな返済方法でもご自分の生活スタイルに合ったものを選ぶのが一番ですね。お金を借りるときは会社や銀行側とよく相談して納得する方法を見つけることが大切です。


このページの先頭へ