お金を借りたい

年収にあまり自信がないです。お金を借りるには保証人は必要ですか?

お金を借りるには保証人が必要なときと必要でないときがあります。

お金を借りるときのポイントを整理しましょう。お金を貸してくれる機関はお金を返すあてのある人にでないと貸しません。そうしないと損してしまうのですから当然ですよね。お金を借りるときにはお金を返す能力があるかどうかを審査されて初めて借りることができるのです。

消費者金融会社ではふつう無担保・保証人ナシで貸してくれます。保証人が必要でないぶん借りる本人自身の返済能力や年収や社会的立場が重視されます。

銀行でお金を借りる場合は保証人が必要なことの方が多いです。しかし不動産などを担保にすれば保証人ナシでも貸してくれることもあります。消費者金融会社にくらべて銀行でお金を借りる場合は土地などの不動産を担保にすると借りやすいようです。

消費者金融会社への借り入れの申し込みで親や家族の名前を書くこともあるかもしれません。それを書いただけで保証人にさせてしまったかもしれないと慌てている方も多いようです。

保証人になる人の同意がなければ保証人には成り得ません。ですから申し込み用紙に名前を書いただけでは保証人とはいえません。身分証明のひとつでしょう。

消費者金融会社からお金を借りるときには保証人よりも年収や定職についているかどうかが問題になります。年収や職業により審査に通ればお金を借りることができます。大口のお金を借りるときではなければ、保証人は必要ないといえるでしょう。


このページの先頭へ