お金を借りたい

無利息は本当にお得なの?利息アリ・ナシを比較してみよう

無利息で貸してもらえたらとてもありがたいですよね。でも無利息で貸し続けたら貸してくれる側の商売にならないのでは?と疑問を抱かれる方も多いと思います。無利息で借りるのと利息ありで借りるのはどう違うのかみていきましょう。

「一週間無利息」という広告を見たことのある方は多いのではないでしょうか。一週間以内に返せば無利息、つまり利子を払わなくてもいいということですよね。そんなに便利なのであればその会社ばかり使ってしまいそうです。

しかし会社なのですから利益を出さなければなりません。一週間無利息といっても「初回限定」なのです。その会社で初めてお金を借りる方のみ無利息というのが現状です。

しかし「何度でも無利息」という会社もあります。これなら返済さえすれば利息はつかなくて得なのではないかと考える方も多いことでしょう。しかし返済するというのが思ったよりも難しいものなのです。

たとえば無利息だと「利息がつかないからいいや・・・」と気軽に必要以上のお金を借りてしまうものです。今実際に必要なのは2万円だとしてもちょっと多めに借りようと5万円借りることがあったとしましょう。そのときは気軽でもいざ返すとなるとその差の3万が首を締めます。お金は使うのは早く、稼ぐのは時間がかかるものです。

全額返済できなければ当然無利息期間は終了して利息がつくことになります。いったん利息がついてしまえば後は雪だるま式に増えていく借金・・・。返せなくなり別の会社に再度借り入れ・・・悪循環が始まるわけです。

対して、利息が始めから決まっていれば返す金額が具体的な分返済計画も立てやすくなります。利息があるということが私たちのお金の使いかたを厳しく取り締まってかえって安心ということもあるのです。

利息は実際の現金で実感できるものではありません。日々数字ばかり増えていって細かな数字に大混乱。お金のことばかり考えて日常生活に支障が出てしまうこともあるでしょう。軽い気持ちで無利息を選ぶのは控えるべきですね。


このページの先頭へ