お金を借りたい

私でもお金は借りられる?お金を借りるときにはこんな審査が・・・

お金が今すぐに必要!とあせっていますか?あと1時間後に100万円必要でもそううまくは借りられないのが現実です。お金を借りるには審査があります。審査をスムーズに通って一刻も早くお金を借りるために、どんな審査があるのかみてみませんか。

消費者金融会社でも銀行でも必ずお金が返ってくるというあてがある人にだけお金を貸すのが当然です。返してもらえなければ商売になりませんものね。つまりお金を借りられるかどうかの審査は「返済能力があるかないか」「信頼できる人物かどうか」を基準にしているわけです。

具体的に審査のチェックポイントをあげてみましょう。

(1)個人を証明する書類があるかどうか・書類はきちんとしているか

運転免許証や保険証やパスポートなどは日常生活でよく証明書として使われますよね。お金を借りるときでも同じです。個人を特定する証明書として必ず必要です。

(2)もし事業を起こすための借り入れだとするとその返済計画が妥当かどうか

(3)もし個人の場合安定した収入のある職についているか

年収さえ高ければお金を借りられると思いがちですが実際のところは年収よりも月々の安定した収入の方が審査が通りやすいという考えもあります。

(4)担保となる不動産があるかどうか

年収よりも不動産や車などの担保となるものがある方が審査に通りやすいこともあります。将来の収入よりも、価値があるものが現在すでにあるのだから安心感が高まるという考えでしょう。

そのほかあなたの人柄や雰囲気まで審査の対象となることがあるようです。審査する側も人間ですから信頼できる人に貸すのは当然ですよね。

また、「即日借りられる!」などのうたい文句でのスピード審査が主流になってきているようです。消費者金融会社が他会社との差をつけるために行なっているのがスピード審査です。お金を借りたい人の気持ちになれば一刻も早くお金を借りられるのが一番ですよね。

スピード審査ではふつう多額のお金は借りられません。イメージとしては、定職のある方が「あと2万円あればあの欲しかった洋服が買える・・・給料日まで待てない!」というようなときに役立つのがスピード審査です。

会社への在籍確認や過去の借金の件数などが審査の対象です。もちろんあなたの住所や連絡先がしっかりしているかどうかは言うまでもありません。

審査に通りさえすればインターネットや電話で即日借りることができるのは、きちんと返すあてのある方にとってはとても便利ですよね。


このページの先頭へ